ハワイアンジュエリーの起源・歴史

ハワイアン・ジュエリー(Hawaiian Jewelry)は正式には「ハワイアンエアルームジュエリー」(エアルーム=代々受け継がれる宝・家宝)と呼ばれ、『永遠の思い出』や『アロハスピリット』の象徴的な存在となって、親から子へ子から孫へ、または、大切な人へと、お守りのように受け継がれています。

ハワイアンジュエリーの起源は、19世紀の半ば英国ビクトリア王朝時代に遡ります。

当時英国王室と親交の深かったハワイのリリウオカラニ女王は、ビクトリア女王が夫である故アルバート王子に捧げた「ビクトリアンジュエリー」に魅了され、自らも王子との思い出の品として特注のブレスレットを身に付けられました。そのブレスレットには、彫刻入りの金の台に、黒のエナメルで"ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)"とオールドイングリッシュスタイルの文字が刻み込まれたもので、一生涯身に付けていたと言われています。

リリウオカラニ女王時代には、イギリス人の恩師「ゾイ・アトキンソン」に感謝の意をこめて、黒のエナメルで"アロハ・オエ"の文字、内側には1893年1月15日の日付を記したハワイアンブレスレットを贈りました。女王リリウオカラニが自らの詩や祈りの言葉を彫り、お守りとして生涯身につけていたジュエリーがハワイアンジュエリーの起源となり、この頃から大切な人への贈り物として、ハワイアンジュエリーのステイタスが確立されていったのです。

後に英国の伝統的な渦巻き模様とハワイの文化・大自然のモチーフが融合した模様が彫られるようになります。今でもハワイアンジュエリーの象徴的な彫り柄「スクロール模様」です。

こうして生まれたハワイアンエアルームジュエリーは、1世紀以上たった今でも、カップルリング、マリッジリング、誕生日、記念日などに、大切な人への贈り物として多くの人々から愛され続けています。

  • ピンクオパールプルメリアネックレス
  • 透かしでデザイントゥリング
商品検索
ショッピングカートを見る
営業カレンダー
はALAMOANAの休業日です。
出荷業務及びメールの返信は
お休みさせていただきます。
ショッピングガイド
おすすめメールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら